西三河歴史教育者協議会


歴史教育・社会科教育を語り検討する研究団体
by westmikawa
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
フォロー中のブログ

<   2005年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11月例会

11月例会は、最初、立命の授業のビデオを少々見ました。
感心しながらわいわいと。

そして、今月のメインは、小学校3年生の総合学習。
地域で子どもが人に出会って実際に体験することを重視するつもりでやってきたとレポーター。粘土で焼き物作りをしている人、花作り、野菜作りなどにをしている地域の人に出会い、教えてもらったりしながら、それを通じてわかったことなどをまとめて発表会をするという構想でした。
レポーターは、もっとそこにテーマを織り込むとよかったのだということがわかってきたと反省の弁。
そういうことはあるとしても、小学校三年生ですから、調べる体験をいろいろに積むこと自体に意味もあるのではないかという議論となりました。

調べたり、作ったりしている過程で思ったり考えたりしたことを言語化することを大切にしていくと、地域の人の捉え返しが生まれるのではないかという指摘もありました。

そんなこんなで12月例会を忘年会にする打ち合わせをして終了。
実践の結果が楽しみです。
[PR]
by westmikawa | 2005-11-29 23:03

愛知県歴教協冬合宿

愛知歴史教育者協議会冬の合宿研究集会の案内です。

日時:2006年2月4日(土)14:00〜2月5日(日)12:00
場所:かとう旅館(中村公園正面)
交通:地下鉄東山線「中村公園」駅下車、徒歩5分

立冬も過ぎて、冬という感じが出てきました。
皆さんは風邪ひかないように、平和な環境をあちこちにつくりたいものです。
[PR]
by westmikawa | 2005-11-12 11:32 | スケジュール

NIE

b0024223_9213813.jpgNIEに取組中。
新聞を読んでもらおうと始まった取り組みも、いろいろバラエティに富むようになった。しかし、重要なことは、メディアリテラシーの一つとして位置づける必要があるだろう。
そうでないと、新聞を批判的に読む解くことができない。だから、関心のあるテーマについて生徒は切り抜きをしているが、これを、複数の記事、複数の新聞社、複数のメディアの比較へと広げていく必要がある。そうすることで、メディアにはバイアスがかかっていることが理解されていく可能性が広がる。
他方で、テーマ自身の内容について読み深めることが求められる。新聞では限界がある。情報入手の入り口に過ぎない。この道を目指すなら、新聞以外のメディアへと広げる必要がある。

また、授業の時間に何をするのかも検討する必要があろう。新聞記事の切り抜きの仕方を最初は授業中に行うとしても、やがて、授業中には切り抜いた記事へのコメントを読みあったりする時間に変えていく必要がある。そう思うわけだ。
[PR]
by westmikawa | 2005-11-03 09:32


最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧