西三河歴史教育者協議会


歴史教育・社会科教育を語り検討する研究団体
by westmikawa
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
フォロー中のブログ

<   2005年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

11月例会

11月例会案内
日時:11月28日(月)18時30分〜
場所:子安研究室
内容:小学校三年生の総合学習
   地域に係わる取り組みの予定です。

涼しくなってきました。
学校は研究会の季節に突入。
どこにどんな動きがあるでしょう。
最近のトレンドは?
キチンとそれらもながめながら、大切なことは子どもが育つこと。
[PR]
by westmikawa | 2005-10-25 23:10 | スケジュール

リトル・バーズの上映

映画『リトル・バーズ』上映および綿井健陽氏講演
開始日時 2005年11月16日 (水曜日)
     13:45~ 1回目 ※上映時間102分
     16:15~ 2回目
   18:15~ 監督講演会 ※約1時間を予定

場所 愛知教育大学第一共通棟301号室(3F)入場無料
連絡先 愛知教育大学 平和・人権プロジェクト主催

上映は午後に2回あります。どなたでも視聴できます。

「Little Birds -イラク戦火の家族たち」Story 戦火のイラク市民に何が起こったのか。そして、今も続く戦火の中で、イラクの人々はどう生きているのか。取材 は2003年3月に始まった、空爆前の豊かなバクダッドの日常、子供たちは、朗らかな笑顔をたたえていた。激しい 空爆が始まり、惨禍が人々を襲う。老人や女性、そして子供たち...次々と弱いものが大きな犠牲となっていった。バ クダッドへの米軍入城の瞬間をとらえた綿井健陽は、その翌日バクダッド市内の病院で凄惨な状況を目撃し、戦火の 中で生きる家族たちにキャメラを向けた。3人の子供を空爆で失ったアリ・サクバン(当時31歳)は、「戦争で人を 殺すために、人間は生まれてきたわけではない...」と語る。米軍の非人道兵器「クラスター爆弾」で右目を負傷した 12歳の少女・ハディールや右手を失った15歳の少年・アフマド...、様々な家族を描きながら、戦争の「意味」を、 日本と世界に問いかける。
[PR]
by westmikawa | 2005-10-03 13:52 | 文化


最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧