西三河歴史教育者協議会


歴史教育・社会科教育を語り検討する研究団体
by westmikawa
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
フォロー中のブログ

カテゴリ:その他( 7 )

中日教育賞受賞

b0024223_10161728.jpg小出さんが、06年度の中日教育賞を受賞しました。写真のように新聞に掲載されてました。
おめでとうございます。


[PR]
by westmikawa | 2006-10-27 10:20 | その他

情報センター

教育基本法「改正」情報センターというのが開設されました。
国会の審議の模様や各地の反対アピールなどを掲載しています。
それぞれの所での活動の参考になることもあるかも知れません。
[PR]
by westmikawa | 2006-05-17 20:26 | その他

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年は、憲法改定のための諸準備が進む年となることが予想されています。情報もその方向に操作されることでしょう。
だから、より一層事実は何かを確かめていく必要があるでしょうし、語られない情報は何であるかを見さだめていくことが必要となるでしょう。

教育の世界では、一層規範主義的な統制が内容においても統制の仕方においても進められるでしょう。これに立ち向かう多様なアプローチを探していくことが求められることでしょう。

それぞれのところで一歩前進となるような試みを進めていきたいと思います。
次回例会は、1月30日です。
[PR]
by westmikawa | 2006-01-03 11:01 | その他

高校の本の宣伝

『授業づくりで変える高校の教室 社会』の宣伝です。

アクセスして頂いた皆さん購入して下さいね。
これから何冊か持ち歩いて出掛けますので、声を掛けて下さい。八掛けと消費税、もしくはプラス郵送料にて販売します。
直接会える方で、一円単位まで小銭を持っている方は、1冊1512円。
小銭のない方は、1520円もしくは1600円。
気前のいい方は2000円。(110円カンパということに)
郵送が必要な方は、上記金額に郵送料を加えた額ということになります。

知っている方には会えそうな時をメールで教えて下さい。

執筆者が、北は北海道から西は兵庫県までおりますので、お近くの知り合いの方から購入されてもいくらか多分割り引いてくれるだろうと思います。

内容の詳細は明石書店のHPを参照して下さい。
[PR]
by westmikawa | 2005-08-19 12:31 | その他

HPについて

歴教協のHPとリンクしてもらえたようです。担当の方ありがとうございました。

西三河の歴教協のHPが日記形式であることについてのコメントがありました。期待の高さを感じます。私たちはまだつくったばかりで、いわゆる情報も例会案内に留まってます。そのうち、例会の内容についての記事もアップされるでしょう。焦らずお待ち下さい。

会員名も実名を出せる人、出せない人それぞれです。内容についてもアップできる内容とできない内容とがあります。世界に発信してますから注意が必要です。

さて、このサイトのめざすところは、自分たちの集まりで話題となったことをできる限りアップすることが一つ。その後の日常についての交流が二つ目の目的です。
さらに、会員ではない人からも意見をもらえるものならもらうという趣旨です。

世間のHPの形式と異なることもあります。いろんな情報発信の仕方があっていいと考えてます。また、利用の仕方についても今後とも工夫を凝らしてまいりたいと思います。ご意見頂いた方ありがとうございました。
[PR]
by westmikawa | 2004-09-22 22:58 | その他

すれ違って

ホリディーさんのレポート受けとりました。
本日、二つの講義のレポートを読みましたが、それはまだ読んでません。

小出さんにすれ違って、話すべきことを思い出せなかったことようやく思い出しました。小出さんのHPは、もっと更新した方がいいということが一つ。
24日には、「弟の戦争」がアートピアホールで上演されることが二つ目。
バトラーとフレイザーの本は読んだ方がいいが三つ目。
[PR]
by westmikawa | 2004-09-21 21:32 | その他

ブログの見方

 使い方、見方がよくわからないという指摘を今日も受けました。それで少々記しておきます。

 ブログのアドレスにアクセスしたら、まずは、日付の所の投稿記事を読みます。
次に、記事の右下にあるcommentsのところの数字が1以上となっている場合には、そこをクリックします。すると、コメントの記事を読むことができます。
 左の最新のコメントの所を見て頂くとそこにもコメントの書き出しが見えています。内容はおなじものです。そちらをクリックしても読むこともできます。

 次に、今はトラックバックが誰からも来てませんが、もし届いていたら、そこをクリックすると、その話題に関連した、別の人の意見を読むことができます。

 見方や使い方でわからないことがあれば、この記事のコメントに疑問を書いて下さい。
 最初の記事のコメントが増えています。
[PR]
by westmikawa | 2004-09-15 20:44 | その他


最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧