西三河歴史教育者協議会


歴史教育・社会科教育を語り検討する研究団体
by westmikawa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
フォロー中のブログ

カテゴリ:文化( 3 )

リトル・バーズの上映

映画『リトル・バーズ』上映および綿井健陽氏講演
開始日時 2005年11月16日 (水曜日)
     13:45~ 1回目 ※上映時間102分
     16:15~ 2回目
   18:15~ 監督講演会 ※約1時間を予定

場所 愛知教育大学第一共通棟301号室(3F)入場無料
連絡先 愛知教育大学 平和・人権プロジェクト主催

上映は午後に2回あります。どなたでも視聴できます。

「Little Birds -イラク戦火の家族たち」Story 戦火のイラク市民に何が起こったのか。そして、今も続く戦火の中で、イラクの人々はどう生きているのか。取材 は2003年3月に始まった、空爆前の豊かなバクダッドの日常、子供たちは、朗らかな笑顔をたたえていた。激しい 空爆が始まり、惨禍が人々を襲う。老人や女性、そして子供たち...次々と弱いものが大きな犠牲となっていった。バ クダッドへの米軍入城の瞬間をとらえた綿井健陽は、その翌日バクダッド市内の病院で凄惨な状況を目撃し、戦火の 中で生きる家族たちにキャメラを向けた。3人の子供を空爆で失ったアリ・サクバン(当時31歳)は、「戦争で人を 殺すために、人間は生まれてきたわけではない...」と語る。米軍の非人道兵器「クラスター爆弾」で右目を負傷した 12歳の少女・ハディールや右手を失った15歳の少年・アフマド...、様々な家族を描きながら、戦争の「意味」を、 日本と世界に問いかける。
[PR]
by westmikawa | 2005-10-03 13:52 | 文化

ミュージカル

幸田町町村合併50周年記念事業で、ミュージカル「星の降るまち」を上演します。
是非チケットを買って見に来てください。

1.日時
  3月19日(土)開場18:00 開演18:30
  3月20日(日)開場12:30 開演13:00
         開場17:30 開演18:00

2.場所
  幸田町民会館 さくらホール

3.料金
  全席自由 一般2500円(当日3000円)
       学生1300円(当日1500円)

チケットのお求めは今井さんまでお願いします。
今井さんを知らない人は下記サイトから探せます。
幸田町文化振興協会
[PR]
by westmikawa | 2005-02-28 18:25 | 文化

遅くなりました。ホリディ報告です。

9月の例会で報告した時に使ったレジュメです。
タイトルは「中高生と今の社会について考える」
                             ホリディ

 私は小学校5年生から地域で子育てをすることを目的とした、○○おや子劇場に入会しています。そこでは年に4本の舞台を観ます。今回は2004年○月に観た「松元ヒロソロライブ」についての中高生との取り組みを報告します。

1.○○おや子劇場
 1994年結成。2004年9月現在の会員数は826名。3歳以上を対象とした「地域で子育てを、子どもに舞台芸術を」を目的とした市民運動。近隣3~5世帯の同年代の子どもたちとその親で構成する「サークル」での活動が主体。毎月1度「サークル会」を開き、遊んだり、話をしたり、でかけたり、親同士で子育ての悩みや喜びを語ったり、次に観る例会(舞台のことを例会と呼ぶ)の事前(役者・演出・製作者との交流など例会が楽しみになるための企画)の企画・運営や合評(例会から得たもの、自分と向き合うために仲間と語り合うこと)を行う。


2.「松元ヒロソロライブ」
・小学校高学年(4年生以上)・中学生・高校生・青年(18歳以上)対象例会。
・出演 松元ヒロ
  元ザ・ニュースペーパー団員。お茶の間を賑わせている現在進行形の社会問題をブラックユーモアたっぷりのコントで表現する。「自分のパフォーマンスは創造団体や役者仲間に流されない自分の本心からの自己表現でありたかった。」と語り、今は一人で活動している。「自分のパフォーマンスから社会問題に関心を持ち、僕に対する共感や反発といった自分の気持ちを考えることで、今どんな考えを自分自身や仲間が持っているのかを見つめてほしい。」と語った真剣な眼差しが忘れられない。
・題目
 ○ 小泉総理大臣について…「私は3年間同じごとを言い続けてきた。官は官で、民間は民間で」
 ○ イラク自衛隊派遣  …長嶋監督のベースキャンプ訪問インタビュー
 ○ 日本国憲法     …日本国憲法の前文を暗誦
 ○ 今日のニュースと天気…パントマイムでニュースと天気を表現
 ○ ヒロさんの出身高校 …鹿児島実業でのマラソン経験           など
3.「松元ヒロ」事前
・愛知教育大学のT先生をお招きして、社会の仕組みについて考える。
・参加者:小学5,6年生…4人,中学生…5人,高校生…2人,青年…3人,大人…10人 計24人
・内容
 ○ ハンバーガーショップ出店計画
 ○ 無人島で保障される権利について
 ○ もしあなたが(    )だったら


4.「松元ヒロ」合評
・ヒロさんとT先生を囲んでの話し合い。
・参加者:松元ヒロさん,T先生,高校生…18人,青年…7人,大人…2人 計29人


5.「松元ヒロ」を通して見えてきた中高青年像
・友だち同士、声をかけあって活動に参加することを楽しいと思っている。
・本音で話したいし、自分を受け止めてもらいたい気持ちがある反面、自分を否定されるのではないかという不安を抱えている。
・頭に入っている知識をみんなの前でしゃべることはできても、自分の気持ちや考え方を話すことはできないでいる。
・毎日の学校生活に追われていて、社会に関心がない。
・イラクへの自衛隊派遣や日本国憲法改正について、するべきだと考えている人も少数ながらいるし、してはいけないと思っている人もいる。
・自分には関係のない場所での出来事として捉えている問題が多い。

 

[PR]
by westmikawa | 2004-11-15 18:10 | 文化


最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧